ドッグフードのパピーはいつまでに切り替えればよいか?

お役立ちナビ

ドッグフードのパピー(子犬用フード)は、いつぐらいまで与えて、通常のものに切り替えるのはいつなのか?という情報がありそうでなかったために困ってしまいました。

そこで、いつもお世話になっている獣医さんやブリーダーさんに聞いたことをまとめておきますので、同じように分からないあなたの参考になればうれしいです。

 

パピーからの切り替え

愛犬の日々の健康だけではなく、寿命をも左右する大切な食事です。

子犬の頃は体も消化器官も未発達なので、少しの量でも十分に栄養が摂取できるように、パピー(子犬用フード)はアダルト(成犬用フード)に比べ栄養価が高く作られています。

筋肉や脂肪がつき骨格の成長が止まってからも、栄養価の高いパピーを与え続けてしまうと、栄養過多となり肥満になってしまいます。

成長過程によって必要な栄養素が異なりますので、子犬から成犬になる大事な時期に、適切な内容の食事を適切なタイミングで切り替える必要があります。

愛犬にはオリジンブランドのフードを与えています。猫も飼っているのですが、キャットフードもオリジンブランドのものです。

星の数ほどフードの種類があり、一時期はいろいろ試しては失望していましたが、最終的にオリジンブランドにたどり着きました。

そのため、オリジンブランドで紹介していきます。

 

オリジンパピーからオリジンオリジナル(成犬用)に切り替える時期

小型犬と大型犬では、成長にかかるまでの時間に違いがあります。

  • 超小型犬や小型犬(チワワ、トイプードル):生後9か月
  • 中型犬(コーギー、ビーグル):生後12か月
  • 大型犬(ゴールデンレトリーバー、セントバーナード):生後18か月

上記の期間が経過すると一般的には成犬となりますので、フードの切り替えの目安も同じ月齢となります。

ただし、成長には個体差もありますので、愛犬の体重も目安とします。体重については、成犬の大きさになると体重があまり増えなくなりますので、そこが切り替えるポイントの1つです。

まずは、上記の月齢になる2か月前から体重を測り、3か月ほど続けて、あまり体重の変化がなければ、アダルトに切り替えるということです。

例えばチワワであれば、月齢が7か月、8か月、9か月のときの体重を調べて7月は2kg、8か月は2.4kg、9か月は2.5kgであれば、9か月目に切り替えます。

 

切り替えるときのコツ

これまで説明したとおりでも、下痢をしているなど体調の悪そうなときは避けてくださいね。
切り替えの条件として、食欲がありしっかり食べられていることや、体調がよく便の状態が良好なときがよいです。

体調が悪くないときを選び、さらに体の負担を軽減させるため、今まで食べていたパピーに新しいアダルトを混ぜながら、徐々に切り替えていきます。

はじめは9:1の割合で混ぜ便に問題がなければ割合を増やしていき、10日から1週間かけてすべてを切り替えます。

お腹の弱い子犬の場合や軟便、下痢をするようであれば、割合を少し前の状態に戻し便の状態を確認しながら無理なく進めていきましょう。

これでパピーからの切り替えについては終わります。

 

参考

インターネットやブログでおすすめとして、ランキングしているものを購入しているときには特に気を付けてください。

広告費がたくさん支払われているものを、ランキングの上位としているときがあります。広告費は高くても材料費は非常に安くなっており、結果的に愛犬にはよくないことが少なくありません。

ちなみにこのブログからオリジンブランドのドックフードを購入いただいても数十円から数百円の広告費がもらえるだけで、お菓子が買える程度です。(広告費がたくさんもらえるドッグフードは数千円がもらえます。ドッグフード代の7割ぐらいが広告費のものもあります・・・。)

 

おすすめするドッグフード「オリジン」

オリジンパピーの特徴

オリジンパピー 原材料

原材料は新鮮肉や生肉、乾燥肉が85%、フルーツや野菜、原産植物が15%と子犬が必要とする栄養価の高い動物性たんぱく質や脂肪が豊富にふくまれています。

一方、消化が悪くアレルギーを引き起こしやすい穀物(米、コーン、小麦、大麦)や合成保存料は一切使用していません。オリジンは穀物不使用&無添加のため、アレルギーの改善が期待できます。

ペットフードの中でも、最高潮といわれるくらいの品質管理や製造、栄養価にこだわっており、他のメーカーのフードと比べると値段は高めですが栄養価が高いので、摂取量は少なくて済みます。

粒は直径1cm弱の円形型で、他のメーカーのパピー用と比べると、一回り大きいサイズになっています。これは、丸飲みせずにあごや歯でよく噛み砕き、歯に食べかすが付着するのを防ぐようにできています。ですが、超小型犬や小型犬に与える場合、喉につまらせないよう多少砕くか水で湿らせ、喉の通りをよくしてから与えるとよいでしょう。

子犬の体重が2kgで成犬時の体重が約5kgの場合、生後半年くらいまでは1日3回に分けて食べるので、1回あたり約26gになります。

我が家のチワワは、生後5か月の体重が1.2kgで成犬時の体重が約2.5kgなので、1回あたり約13g与えていました。

 

オリジン・オリジナルの特徴

オリジンオリジナル原材料

オリジナルは、すべての犬種でも年齢にも対応しているスタンダードなものです。

原材料は新鮮肉や生肉、乾燥肉が85%、フルーツや野菜、原産植物が15%となっており、パピーとほとんど変わらないです(チキンとターキーの量が若干異なります。)

大きな違いは、粒の大きさで、直径13mmの円形型となり、パピーに比べて1.5倍ぐらいのおおきさとなります。

 

神経質な犬の場合はたべないこともあるので、切り替えるときは、まずは340gの一番小さなパッケージでお試ししてください。