レジェンドスポーツヒーローズに行ってみた!混雑状況やゲームのまとめ

レジェンドスポーツヒーローズ 店舗入り口

イオンモール幕張新都心店には、遊ぶための出店がいくつかありますが、その中の1つである「レジェンドスポーツヒーローズ」(アクティブモール)に行ってきましたのでレビューです。

子どもに「どこか連れてって」と言われていませんか?

また、幕張まで来たのに、あてにしていた店舗に予約一杯で入れないということはありませんか?

そんなときは、「レジェンドスポーツヒーローズ」を検討してみてください。

子どもを連れて行ったところ、帰り際に「今度はいつ行く?」と言っていたぐらいなので、非常に満足度は高いようです。

この記事では、店舗の混雑状況から施設の情報などについて、まとめていますので、是非、ご覧ください。

 

レジェンドスポーツヒーローズって、どんなことをするところ?

ネットニュースなどでは、体験型スポーツテーマパークと紹介されています。

実際に利用をしてみて、一言で表現すると次のようなものです。

 

テレビゲームの中に入った感じで、コントローラーではなく、実際に体を動かしてゲームをするところ。

 

幕張新都心店では、ゲームの種類が15種類です。野球のゲームが3つと充実しており、珍しいところだとカーリングも体験できるようになっています。

システムは時間制となっており、90分と120分プランがあり、それぞれ料金が異なります。プラン時間内であれば、ゲームを何度やっても同一料金です。(詳細の料金は後述します)

 

レジェンドスポーツヒーローズの混雑状況

レジェンドヒーローズ プレイ待ちボード

レジェンドスポーツヒーローズ プレイ待ちボード

2018年5月13日(日曜日)10時ごろに入店しました。

上のボードは、ゲーム15種類の混雑状況をお知らせするもので、店舗にいくつか掲示されています。

見方は、右下4つのゲームは稼働中ですが、それ以外は空いているという状況です。

込み合っている場合には、予約をする形となっており、最大で5人まで予約状況が確認できます。(上の画像でいうと「プレイ中」の下に予約している人の番号が表示されます)

混雑状況ですが、週末にもかかわらず、かなり空いていました。

スタッフの方に聞いたところ、普段の週末であれば、このボードがいっぱいになるぐらいに入るときもあるということです。ただし、午後が込み合いやすいということなので、午前中がねらい目ということでした。平日はこのボードと同じような状況ということです。

 

混雑時のシステム

混雑時には、入店時に渡されたカード(ナンバー付与)を専用の端末にタッチすることで予約になります。

「プレイ中」の人が終わりましたら、1分以内に専用の端末にタッチすることで、プレイすることができます。1分経過すると、キャンセル扱いとなります。

あまり時間がないので、自分のナンバーが次の順番になったら、ゲームの前で待機しておく必要があります。

1分は短いと感じましたが、一方で、待っている人からすると長い時間待っているのは苦痛だと思いますので、ちょうどいいシステムかと思います。

 

レジェンドスポーツヒーローズの営業時間と料金

営業時間

年中無休で、10時から22時まで営業しています。21時が最終の受付です。

 

プレイ料金

レジェンドスポーツヒーローズ

初回は会員カード発行に1人につき300円かかります。

カードを作る際に運転免許証などの本人確認書類も必要です。

 

料金については、平日(18時まで)、平日(18時から)と休日で異なっております。

プレイ料金

ゲームをする人の料金です。子供に付き添うだけでプレイしない人は、別に、入場料があります。

平日18時まで
  • 大人:90分2,300円、120分2,800円、30分延長800円
  • 小中高校生:90分2,000円、120分2,400円、30分延長700円
  • 未就学児:無料
平日18時から
  • 大人:90分2,500円、120分3,000円、30分延長900円
  • 小中高校生:90分2,200円、120分2,600円、30分延長800円
  • 未就学児:無料
土日祝日
  • 大人:90分2,500円、120分3,000円、30分延長900円
  • 小中高校生:90分2,200円、120分2,600円、30分延長800円
  • 未就学児:無料

 

利用した時には、未就学児は無料となっておりましたが、ホームページには有料の記載があったため、期間限定で無料なのかもしれません。

(参考)レジェンドスポーツヒーローズ 料金ページ

 

付添料金

レジェンドスポーツヒーローズ 付添料金

ゲームはやらず、子どもの付添だけの場合は、500円+1つの食べ物の注文で入場できます。

最も安いものが190円のアイスだったので690円ですね。

 

初回カード料金無料

LINEの友達登録をして、その画面を見せれば、初回カード作成時に必要な300円が無料になります。

家族4人でしたが、大人2人登録したら、すべて無料となりました。

 

Twitteなどでハッシュタグをつけて投稿をするとドリンクバーが無料というものも、やっていました。

 

実際のレシート画像

  • 大人2人の付添で1,000円+アイスクリーム380円
  • 小中高生(休日)90分で4,400円
  • 消費税462円

合計6,242円となりました。

大人もゲームをするならば、4人で1万円ぐらいの料金設定です。

 

レジェンドスポーツヒーローズのゲームの予約方法

すべてのゲームの前に、赤いボックスの機械が設置されています。

この下の部分に「NFC」というところがあるのが確認できると思いますが、そちらに付与されたカードをかざすと予約ができます。

利用していないときは、すぐに遊ぶことができます。

誰か利用しているときは、次の予約となり、自分の番になったら1分以内に、あらためてカードをかざす必要があります。

 

レジェンドヒーローズ プレイ待ちボード

レジェンドヒーローズ プレイ待ちボード

予約状況は上記の画面が、店舗内に幾つか用意されていますので、自分の番になりそうなときは、あらかじめゲーム機の前で待っておくのが良いです。

 

レジェンドスポーツヒーローズのゲームの種類

ゲームの写真を撮ってきたのですが、付き添いということもあり、外から撮っています。あまり、いい写真ではありませんが、参考程度に掲載します。

ベースボールバッティング

この店舗のメインのゲームで、最も大きいものです。

ピッチャーが投げて、それを打つゲームですが、打った球の方向や勢いによって、アウトになったりヒットになったりと、実際に試合をしているような感じです。

レベルや球種も選ぶことができますので、大人でも十分に楽しめます。

こちらのゲームのみ、1人1回の利用制限となっています。1ゲーム15分ほどとなりますので、混雑を避けるためのルールだと思われます。

 

トスバティング

こちらも試合形式の野球となっておりますが、投げる距離が短く、トスバティングになっています。

試合形式は、打球方向や勢いによって、ヒットやアウトになります。

 

ピッチング

野球の投手が体験できるゲームです。

試合形式で、投げるスピードの計測があり、投げる位置によってポイントが異なります。

 

サッカー

サッカーのPKが体験できるゲームです。

実際にキックすると、キーパーが反応してセーブされたり、ゴールできたりします。

 

トランポリン

トランポリンで、2台設置されています。

前に表示される画像に合わせて、ジャンプしてゲームをします。

 

ホースライディング

乗馬ができるゲームで、足の操作や手綱で、スピードや方向を変えながら、映像に表示されるコースを走るゲームです。

 

クレー シューティング

画面上にクレー(標的)が飛び出しますので、それに向かって射撃をするゲームです。

 

バトル ショティング

ゾンビが画面上に出てきて、ゾンビを売ったりするゲームです。

 

アーチェリー

アーチェリーで、実際に画面に向かって矢を放ち、その方向や速さによって、画面上で的に刺さる映像となります。

 

カーリング

2人でカーリングで得点を競います。

真ん中にカーリングの玉がありますので、前の画面に向かって滑らします。方向や勢いは壁へ当たった際に計測され、そのあと、写真右側のいくつかのボタンで、氷の面をこすったりして方向などを調整します。

 

マジックビーチ

 

砂が敷かれてあり、その上に貝などが投影されていました。

いまいち遊び方が分からなかったのですが、砂場遊びのような感じでしょうか。

 

ボーリング

コンパクトなボーリングで2台設置されていました。

前に向かって、小さいボールを投げ、映像上にあるピンを倒すゲームです。

 

 

マジック

マジックをしているようなゲームでしょうか。

子どもや他の人も遊んでいなかったため、いまいちわからなかったです。

 

キャンディスラッシュ

2人で遊び、画面に出てくるキャンディを消すゲームです。

コンボなどもありましたので、スマホゲームのような感じのようでした。

 

数えてみると14種類しかなかったのですが、キャンディスラッシュをよく見てみるとダイナマイトポーズとも書かれているので、一緒のブースで兼ねているようです。

 

その他

15種類の他に、だれでも空いていれば予約なしで遊べるゲームも設置されています。

 

フードメニューと休憩スペース

フードメニュー

店舗内では、食事や飲み物も用意されていますので、簡単な食事をとることができます。

付き添いで入場する場合には、1つ注文するルールとなっていますので、メニューの中から選ぶ必要があります。

 

休憩スペース

イスやテーブルは多くはないものの、数脚が用意されていますので、こちらで食事などをとることができます。

 

各ゲーム機の前には、椅子が用意されているので、子供がプレイ中には、座ってみることができます。

 

ロッカー

ロッカーも十分な数が用意されており、無料で利用ができます。

 

未成年者のみの18時以降の入出制限

16歳未満だけで利用している場合には、18時までしか遊ぶことができません。保護者同伴であれば22時まで遊ぶことができます。

 

対象年齢:小学高学年からおすすめ

今回は、中学2年生の娘と小学3年生の息子と入りました。

ゲームについては、大人も十分に楽しめるものとなっておりますが、一方で小学低学年の子供が利用するにはまだ早いと感じました。

ギリギリ小学3年生でもゲームができましたし、帰り際には満足している様子だったので、子供にもよりますが、小学高学年からがおすすめです。

未就学児はやめておいたほうがいいです。

ただし、未就学児は無料となっていたので、小学生のお兄ちゃんなどがゲームしている間に、マジックビーチ(砂場)で遊んでおくなどはできます。

 

まとめ

イオンモール幕張新都心店の「レジェンドスポーツヒーローズ」のレビューです。

イオンモール幕張新都心店には、大人気の「SPACE ATHLETIC TONDEMI(スペースアスレチック トンデミ)」がありますが、週末は、並んで予約を取らないと遊ぶことはできないことが良くあります。

そんなときに、「レジェンドスポーツヒーローズ」はいかがでしょうか。

そのほかにも、吉本興業のお笑いステージやロッククライミングなども比較的入りやすいと思います。

イオンの映画館もあり、株主であれば家族全員1,000円で映画を見る事もできます。

イオン株主優待で映画鑑賞券が1,000円に割引!使用ルールと買い方のまとめ
...

 

是非、イオンモール幕張新都心店を楽しんでいただければ、地元に住んでいる私も嬉しいです。